2017年1月31日火曜日

『住箱』について考える

 昨年の暮れであったか、まだ仕事で鹿児島に滞在しているときに、ぼんやりと鹿児島中央駅の本屋さんの建築のコーナーに行った際、建築家の作品しか載せてもらえない雑誌で建築業界では権威ある『新建築』という雑誌を開いた。そこには隈研吾さんが手がけたモバイルハウス『住箱』という作品が出ていた。隈研吾さんと言えば、現代日本を代表する建築家であり、かの僕がコンペにも呼んでも頂けなかった新東京国立競技場の設計者として有名な方である。その『住箱』という作品を見て思った。これってスモールハウスみたいなものだよね。

 スモールハウスの定義なんてものは特にないが、だいたい大きさは延床で3坪~10坪程度の家をさすのだとぼんやりとだが思っている。アメリカの場合だとモバイルハウスだろうが小さければスモールハウスなんて呼ぶようだ。僕が考えるスモールハウスとは、あくまで極上のお一人様の家であり、小さいからこそお金をかけて断熱性能や快適性を追求するべき家だと思っている。


 さて隈さんの『住箱』であるが、いわゆるモバイルハウスである。モバイルハウスという事は車でけん引できるという事か。ただけん引はできるだろうが、どうだろう。。車でけん引するという事は、内部に固定されていない家具類など置いていたら、コロンコロンと転がるって事ではないだろうか。例えばキャンピングカーなどは、よくできたもので、引き出しなどにはストッパーが付いており、けん引の際の振動で簡単に引き出しが飛び出ない工夫などがされているものである。見た感じ、そのような工夫は自分でしてね♡という事なのだろうか。。また、見た目はコンパネだね。。


 まあ、気持ちはわかる。設計事務所として採算がとりにくいのがスモールハウスであるからだ。家が小さいからこそ寸法等を細かく設定しなくてはならないし、カタチや家のボリューム等などなど、考えることがめちゃめちゃ多い。もちろん、小さくても書く図面の枚数はそれほど変わらないわけで。。ようは儲からないわけである。なので同じものを10セット限定販売!などとしているメーカーさんも多いわけだ。まあ、今回の隈研吾さまの『住家』も設定金額からすると儲けもないであろうから、コンパネにならざるおえなかったのだろうとは思う。


 ここ数年スモールハウスは注目度が急上昇らしく、いろんなところで特集が組まれている。5年ほど前からスモールハウスを見つめてきた僕としては、少しだが喜びを感じていたりする。


ブログランキング・にほんブログ村へ

押してくだされば、ありがたいです。

2017年1月5日木曜日

2017年もよろしくお願いします。

  昨年は馬車馬のように働き、また色んな事もあった一年であった。。 あけまして、おめでとうございます。今年は昨年とは心を変え、真面目に仕事とブログにいそしむ次第です。どうぞよろしく。

 3月の15日。。嗚呼、忘れもしない確定申告の最終日。国から賞の一つ貰っても良いくらい善良な国民である僕は、例年のごとく最終日ギリッギリに税務署に行き、受付の姉さまにどや顔しながらバシ~と税金を払い、泣きそうな顔して車を運転していた。そして、昼過ぎなので地元のラーメン屋でも寄ろうかと赤信号で止まっていたら、急にドン!という衝撃。。バックミラーを見たら後部車両が僕の車にソフトタッチしているじゃないか。。そして気まずそうなサラリーマンが泣きそうな顔してやがる!ヘイ!善良な国民に何しやがる!と言いたかったが、そこはぐっとこらえて、『大丈夫ですか?』と聞くと、その若いサラリーマンは『すみません。。すみません』を連呼する。。その後、お巡りさん飛んできて、現場検証。。そして保険屋さんにお電話。。僕は止まっていたのにど~んと来たわけで、100対0で相手の責任との事であった。しかし若いサラリーマンがあまりにも『すみません』と言うので僕はかわいそうになり、一言『ラーメンでも食べんな?』と言うた。やっこさんはぽか~んという顔したが、『はい。。』と答えたので、仲良くラーメン屋へ行き、『そんなに謝んなって』とラーメンをおごってあげた。その後、事故したばかりの頃は何ともなかった。だが、翌日雨が降ってきたのだが、なんかおかしい。。腰と頭が痛むのである。。ってことで、急きょ知り合いのヤブ医者に行くと、『あっ、事故の後遺症だね、多分一生もんだぜ♡』と言いやがる。。まあ、しゃあない。。


 3月の21日だったか、父方のばあさんが死亡(合掌)

 そして迎えた4月の14日。。ぼ~とテレビを見ていたら、緊急地震速報がでた。熊本地震である。テレビの向こうではカメラが回り、熊本城がホコリ立っている。。これはまずい。。と思い、すぐに横でテレビをつけたままソファーで寝ていた母親をたたき起こし、外へ避難しようとした。なぜなら、設計士である僕は、自分の家が大きな揺れが襲うと倒壊の可能性があることを知っているからだ。だがそんなゆとりもなく、宮崎の我が家も揺れ出した。。えらいこっちゃとすぐ自分の部屋に戻り携帯を手にするとすぐに電話が鳴りだした。『君の家は大丈夫か?すぐに熊本に入れるか?』僕は建築設計の仕事もしているが、損害保険の鑑定人という資格も持っているので、大きな災害、つまり地震や雪害、台風、落雷などがあれば、全国どこでも飛んでゆき調査に入るのである。そしてその日は12時が回るまでに14件の電話が入り、大変であった。。内容はもちろん『うちの鑑定事務所で来ませんか』まあ、それが仕事なのである。。
 熊本地震はまずは福岡に入った。熊本に入ろうにも各保険会社は体制が整わないようで入れないからだ。もちろん福岡でも揺れたわけであり、そこでの調査がスタートとなった。熊本に入ったのは5月の8日から。熊本では玉名市の温泉旅館に知らないおっさんと相部屋しながら、2時間かけて保険会社に入るのである。そこで6×7mの部屋に最大時70人のおっさんとプリンター2台で地震保険の書類を作成するのである。実に仕事にならない。まあ災害があれば最初はそんなものである。そのうち休みは。。死んだばあさんの49日で3日。母方の祖母が急死(合掌)したので葬儀で3日、風邪ひいて声が全くでなくなり、スタッフさんに『やすんでください♡』と優しい言葉をキツイ笑顔で言われて1日、そして純粋な休みが1日の8日のみで、どえらいつかれた。。そして終わったのが8月12日である。

 そして初盆を迎えた。さすがに2件も初盆が来るとは思ってなかったが、こればかりはしゃあない。色んな親戚が次々来られる。その中の父親のいとこがポそり『親父の容体があまりよくないんや』と言われ、16日に見舞いに行くとおじさん全然元気。な~んだ、たいした事ないじゃん!おじちゃんと帰ったら翌日の夜に亡くなった(合掌)。。えっ。。って事で急きょ葬儀。。学校の校長先生であったので、やはり大きな葬儀であった。。やっと葬儀も寺も終わった~と思い、たまりにたまった熊本の後片付けをしていた23日に急に電話が鳴った。『池袋に行ってもらえませんか?』まさかの台風10号である。。休みが欲しい。。とは思ったが、25日には池袋ですでに飲んでいた。。
 実際は台風は岩手や北海道を襲ったのだが、埼玉の方にも水害がでた。その調査で8月の25日から1月ほど池袋である。田舎者の僕には電車で移動ってだけで疲れた。。そして毎晩酒を浴びるほど飲みまくった。
 そして9月の25日に今度は鹿児島である。台風16号だ。去年も鹿児島で調査を3か月であった。今年の台風は昨年とは違い大隅半島である。どうも鹿児島とは縁が深いようだ。だが働いているうちに体の調子がおかしい。どうも疲れが取れないし、ポンポンがはるのである。災対のお偉いさんに病状を伝えたら『それはきっとガンだよ~』って笑顔で言われた。そのお偉いお方は以前ガンとなり生還されたのだが、どうもガン仲間を増やしたいらしい。ビビりながら、ガンじゃないよね~と病院に行ったら、血液検査をし、お腹をたたかれてた。『先生、ガンですか?』と聞くと、『いや~ポンポンって聞こえるだろ、これはガスが溜まりすぎね』と笑顔で言われた。。どうやら池袋で焼き鳥を食いすぎたようである。一応、その日は薬をもらい、後日血液検査の結果をもらいに行くと『肝臓の数値が5倍だよ』と言われた。。どうも熊本いらい飲みすぎたようだ。。って事で宮崎に帰ってきた12月16日以来、お家で運動と水ばかり飲んでいる。


 そんな1年でした。今年こそは頑張りますのでよろしくお願いいたします。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
知り合いに羊もらいました。

ユメちゃんです。 押してください。

2016年7月26日火曜日

熊本城の解体ショー


 以前も書いたが、保険関連のお仕事で熊本に来ている。熊本地震が起きすぐに仕事に入ったので、既に3か月がたったわけで、実に御苦労さんである。休みもほぼなく、よ~自分でも頑張っていると感心する日々である。

 僕のホテルからは熊本城が見える。熊本城は言わずと知れた加藤清正が建て、日本屈指の規模を誇った名城中の名城である。現在の熊本城は、僕のご先祖様も参加し、がっつり負けた西南の役で焼失し、1960年に鉄骨で再建されたのだが、4月に起きた熊本地震で見るも無残なものとなってしまった。実に残念な事である。石垣は壊れ櫓は落ちた状態であり、現在は作業着とヘルメットを被った作業員しか入れないようだ。。

 仕事がらタクシーはよく使う。タクシーの運転手さんが言うは、崩壊した熊本城を再建するのには20年程度はかかるそうで、観光タクシーで飯を食べている方々には死活問題なんだそうだ。そりゃそうだろう。熊本に観光で来て、熊本城を外すわけにはイカンだろう。その熊本城があれじゃね。。その他の観光地と言えば。。う~ん。。宮本武蔵の墓。。馬刺し。。阿蘇はきれいだな。。くまモン大活躍。。

 『運転手さんも大変やね~』と言うと、運転手さんは『そうでもないですよ』と、にたぁ~と笑った。運転手さんが言うには、確かに熊本城は壊れた。だが壊れた熊本城はなかなか見れるもんじゃない。なので、これを観光資源にし、新たな観光客呼び込みに出来ないかと検討中なのだそうだ。確かに毎日会社の最上階に行き、日々変わっていく熊本城を拝んでいるだけで、僕のような設計士はちょとウキウキである。現在は石垣が一本足のように残った、飯田櫓?を持ち上げ復元できるかどうか検討の作業に入ったところである。その姿を見ながら僕の建築士仲間はキャッキャ言っている。実に良いアイディアだ。ただで転ぶつもりがないのが素晴らしい。

 また運転手さんが、『僕らからすれば外観だけ戻してくれれば、鉄骨だろうと、スッカスカだろうとどうでもいいんです。外観だけあれば客が来るんでね~』と続けざまに言うた。それは設計屋さんの僕としては受け入れられない。張りごての熊本城に感動は持てないからだ。それにそんなバッタもんの熊本城を作るのは、清正公さん(せいしょこさん)に申し訳ない。僕は宮崎生まれだがそう思ったりする。

 だが、熊本城の復旧で働いている作業員さんらを見てると実に羨ましい。あんな素敵な城に携わるようなお仕事は僕の人生にはまずないからだ。僕の仲間も『作らしてとは言わない、せめて壊させてくれんだろうか』と言っている。たしかに壊すののお手伝いはなんとなくできそうな気がする。それに現場の作業員さんはヘルメットに作業服。。よう考えたらその両方を僕らは持っている。。意外と。。こっそり入れるんじゃないか。。

 あの西郷さんも取れなかった城、俺が抜いてやる

 とちょっとだけ思った。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016年6月18日土曜日

今更ながら、熊本からこっそりと

 ずっとブログを書いてなかった。。僕かて書こう書こうとは思っていた。だが、時間が許さなかった。その理由。。というか言い訳は単純で、熊本地震が414日(本震は16日)に発生したせいで、急に損害保険の鑑定業務がド~ンと入った。よってお休みさせていただいていました。ってことで、現在は熊本にてお仕事をしている。4月の17日から出動。そして今日まで休みはない。。普段だらだら生活している僕にしては実によく働いている。実に偉いという事にしている。

 414日の9時過ぎ、僕は自分の部屋でパソコンをいびってた。震源地は熊本だが宮崎の我が趣(おもむき)のあるボロ家でも相当揺れた。あまりの揺れに、激震が宮崎に来よったでと思いこんだ僕は一人で騒ぎだし、NHKを見るため母屋に走ったほどだ。テレビをつけると熊本市内かと思われる定点カメラはくるんくるん。。熊本城は粉ふいているし。。そして僕の携帯がその日だけで18件鳴りまくり。内容は熊本での調査依頼である。そして、まさかその3日後には地震の調査に出ているとは思わなんかった。。

 宮崎での揺れは震源地から離れているせいで、被害はそれほど大きくはない。だが一応はあった。わが町では小学生の女の子が骨折したり、隣町ではブロック塀が壊れたりしもた。だが言葉は悪いが、あくまでその程度。やはり横揺れ相当の揺れであり損害は、もちろん熊本の比ではない。熊本に来て気づいたのは、テレビなどの報道を見ていると、どうしても目が益城町の方に行ってしまいがちだが、熊本市内もかなりの被害が出ているのがよくわかる。

  例えば、写真のビルで、わかるように隣のビルにそのお隣のビルが乗っている。これは熊本市内のど真ん中にある建物だ。危険なので近くに行き調べたわけではないが、まあ、コンクリートの建物だろう。柱と梁で支えられているラーメン構造だと思うが、柱にせん断破壊が起き1階部分が落ち、傾いたのだと思われる。1995年に起きた阪神淡路でも同様の破壊が起き、たしか大型駐車場だったか、1つの階が丸ごと落ちた記憶がある。あくまで僕の感覚だが、阪神淡路ほどではないが、同等程度の被害が出た感覚だ。

 仕事がら細かい事は書けない。保険の仕事は一般に公開できない事が多いからだ。ただ、熊本のためだと思い日々頑張るつもりでやっている。

 もちろん、馬刺しも食べている。


ブログランキング・にほんブログ村へ
押してくださるとありがたい。

2016年2月5日金曜日

建売を買う前には一呼吸

 毎日今年は書くと書いたはずだが。。と思われる方もいるとは思うが、がっつり仕事が入っていて、また寒かったせいか風邪をひき死んでいたので書きませんでした。。ごめんなさい。。という事にして、頑張って書きます。。

 最近、おっさんよろしく運動不足を極めけりな僕は、こりゃアカンと宮崎県児湯郡高鍋町の小さなジムに通っている。田舎町の小さなジムなのでいろんな方々とお友達になる。『仕事は何されてるの?』と聞かれるので、『設計やってます』と元気に答えると大抵驚かれる。石投げると建築士に当たると言われるほど、世の中には建築士はぎょうさんいるのだが、何やら皆さん、今までの人生で設計屋さんは見たことがないような顔になる。よくよく考えたら僕の町にも設計事務所はあるのだが、それほど数があるわけではないし、また、それほど地元では仕事はしていない。それが理由なのかもしれない。なのでここぞばかり、住宅のことを色々相談される。その中で一番聞かれるのが、とある建売業者のことだ。『あの業者はどう思われます?』と聞かれるのだ。

 最近、僕が住む宮崎では、ある建売業者がテレビCMをバンバン流している。週末が近づくとその業者は必ずといってよいほど新聞広告を打ち、その広告には必ず5件程度の建売住宅がキラキラ輝いて載っている。僕はその会社の営業さんと話したことがあるのだが、彼が言うには展示会をやって、その日の内にご契約となる事がほとんどなのだそうだ。建物と土地で1200万程度。家の大きさは30坪程度である。間取りは1階にLDKがあり、ユニットバスにトイレ、2階には主寝室と子供部屋×2。もちろんキッチンは奥様が大好きなカウンターキッチンの総2階建てである。土地は車が止めれるスペースがあり、庭はそれほど広くはない。それが土地付きで1200万。。それも作ってすぐに売り切れる。。中国の不動産バブルも真っ青の売れ行きで、実に羨ましいお話である。だが、ジムの方々には、『絶対に買うのはやめときなされ』と言っている。

 住宅設計で飯を食べているので思うかもしれないが、僕は住宅を新築したり買うという行為は、突き詰めて考えれば、新しい一族を立ち上げるという事だと思う。その建売業者さんが作る間取りからすれば、夫婦に子供2人程度を設定。だいたい子供は僕の経験から小学校に上がるちょっと手前の5歳と3歳ぐらいだろうか。考えてみるとわかると思うが、その子供は15年程度でその住宅を出て行く。つまりその子供部屋は自動的に納戸か書斎となるのだと思う。そしてその子供が結婚し、孫ができることとなるのだが、その住宅に一緒に親御さんと住んでくれるだろうか?まあ、住むスペースはないだろう。その建売を増築すれば住めると考えているかもしれないが、安い建売は大抵は敷地面積いっぱいに作られているため、法令上かなり厳しい。なので子供らは新たにどこかに家を作るか借りることになるのだと思う。その一族にとって余計な出費ではないだろうか?またその孫が結婚したら建売を買った家主はケアハウスなどに入り、孫はその建売に住めばいいじゃないかと思う方もいるかもしれないが、大抵の方は安い金額で建てた家には愛着を持たないせいか、メンテナンスにはお金をかける方は少ない。またその頃になると資産価値はほぼゼロ円。結局は安値でたたき売るか、100万単位のお金を出して取り壊すなどして、孫がその土地にまた新築を。。という事にならないだろうか?まさに負の連鎖のような気が僕にはする。安い建物を買って、35年程度で取り壊すという事は、一族の将来に負債を残すという事になりかねない。

 思うのだが、無理して新築を作る必要性などはない。現在は中古住宅はかなり市場に出ている。もちろん質の悪いものも多い。だが、ちゃんとメンテナンスやリフォームをすれば、まだ100年は持つものもあるし、中にはこの広さでこの値段!ってのもある。だが、中古住宅には問題はつきもの。耐震性がなかったりするのもある。これはしょうがない。時代により耐震の基準が違うからだ。そんな住宅には僕みたいな設計士を入れ、耐震性を担保させ、なおかつ、図面を書いてもらい、相見積もりを作成し、見積もりチェックなどをしてもらう事だ。その方がしっかりした家になるし、大抵はおしゃれに仕上がり、愛着のある家になってくる。また、お金が足りなければ、難しいところのみ大工に頼み、簡単な工事は自分でやる事だ。工事を自分でやると愛着も出てくるだろうし、メンテナンスも愛着があればこそやれるわけで、そうすれば資産価値もある程度は保てるだろう。また子孫が戻ってきても住めるように新たに新築や増築をできる程度の敷地はあった方が良い。そんなん田舎にはぎょうさん溢れているし、これからはもっと安くで売りに出てくるのは間違いない。そっちの方がその一族にとっては経済的には良いし、その子供らにとっても良いアイディアだとは思うが、いかがだろうか。

 賃貸の家賃より安いからと愛着のない新築を買い、その家族は代々住宅ローンを背負って生きる。何か違うという気がしてならない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

押してくださるとありがたいです。

フォロワー

 
;